2013.03.15

辻恵が装画を描きました。

13

「密姫村」乾ルカ著 ハルキ文庫 2013年3月18日第一版発行


| | コメント (0)

2013.03.13

IDF direction @ BAR N

第一弾、坂本太郎展が終了し、
第二弾、安藤邦子展が始まりました。

開催前日に安藤邦子さんと搬入へ。

Simg_4797

ギャラリー空間と全く違う黒いスペース。
どう作品を見せるのかが重要となります。

前回の坂本太郎展では、反射の光を上手く使い、
幻想的な空間を作ることができました。

今回もさすがデザインの仕事にも携わる安藤邦子。
暗い空間を上手に利用した新しい展開を見せてくれました。
写真ではなかなかお伝えできないので、
是非実際にご覧いただければと思います。
「春の夜」をテーマとした新作11点と旧作2点を展示いたしました。

=======
安藤邦子展 -spring night-
会期:3/12(火)-5/12(日)
会場:BAR N
名古屋市中区錦2-10-24 プリンター第1ビル2F
19:00〜1:00 月曜定休
※ご飲食されない方でもご覧いただけます
※3名様以上でのご来観はご遠慮ください

===安藤邦子より===
BAR Nは全て黒で統一された、
お洒落で落ち着いた静かな空間のバーで、
素敵なグラスが並ぶカウンターでとても美味しいお酒を味わうことができます。
今回の新作6点は、ライティングにより見え方が変化するもので、
自分の中では新しい試みに挑戦してみました。
併せて旧作2点も展示しております。
日常の喧噪から離れた静かな時間を楽しんでいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Simg_4811


Simg_4837


Simg_4828


Simg_4825


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.09

アーティストトーク

3/9にミッドランドスクエア 6周年記念 "The Art Museum"
「春」を感じる6人の新進アーティスト作品展
(3/31(日)まで開催)に
参加している生川和美のアーティストトークが開催されました。

Simg_5943_2


Simg_5982


Simg_6002


そして愛知県美術館でも
「APMoAプロジェクト・アーチ vol.5 佐藤香菜 森の中へ」
(4/14(日)まで開催)にて個展開催中の
佐藤香菜のアーティストトークが開催されました。


S20130309_133611


S20130309_133944


S20130309_133750


Simg_4765

たくさんの方々にお越しいただき心から感謝いたします。
二人とも落ち着いてしっかり自分の作品について話すことができました。
いつも作品や制作について真剣に向き合っている二人だからこそだと感じました。
まだ会期がありますので、是非お運びいただければと思います。

| | コメント (0)

3月の展示が始まりました。

3/7は坂本太郎展(GALLERY IDF)搬入。
3/8は近岡令展(IDF-mini)搬入。
3/9のオープンに向け、着々と準備をしました。
久しぶりに男性作家の展覧会です。

544362_554614574571966_2030948906_2


540865_554615094571914_573770659__2


そして、無事オープニングを迎えました。

S20130309_172640

今回の坂本太郎氏、近岡令氏は、共に1970年生まれ。
現在は学生の指導にあたりながら、自身の制作に励まれています。

お二人ともIDF初期からおつきあいいただいている作家さんなのですが、
今の作品に至るまでの道のりをずっと見させていただいています。
無骨ながら、愚直ながら、自分の作品と真剣に向き合い、
周りの人達に感謝しながら制作を続けてゆく姿に
真の応援者も増えてゆくのだと思います。
若い作家達にも是非見ていただきたい展覧会です。

==========
■GALLERY IDF
坂本太郎展
SAKAMOTO Taro solo exhibition
2013年3/9 sat - 3/31 sun

■IDF-mini
近岡令フュージングガラス展
CHIKAOKA Rei fusing glass exhibition
2013年3/9 sat - 3/31 sun

OPEN: 11:00-18:00・LAST DAY: ~17:00・CLOSE: TUE.WED
お問い合わせ:GALLERY IDF
TEL:(052)702-1206 / FAX:(052)703-6144
info@gallery-idf.jp


| | コメント (0)

2013.03.03

開会式

円山応挙展&「APMoAプロジェクト・アーチ vol.5 佐藤香菜 森の中へ」
の開会式、内覧会が2/28(木)愛知県美術館で開催されました。


S_dsc7478

地下のショップ前のモニターに大きく告知が流れています。

S_dsc7494

愛知県美術館 (愛知芸術文化センター10階)にて開会式が開催されました。

S_dsc7505


S_dsc7510

佐藤香菜も紹介されました。

S_dsc7535

大乗寺ご住職、愛知芸術文化センター総長、中日新聞社社長によるテープカット。

S_dsc7544

S_dsc7559

S_dsc7557

IDFの作家達や、応援者の皆さん達と。

本当に円山応挙作品の後に見ても、見応えある展示となりました。
是非たくさんの方にご覧いただきたいと思います。

=====
「開館二十周年記念 円山応挙展」
同時開催:「APMoAプロジェクト・アーチ vol.5 佐藤香菜 森の中へ」
会期:2013年3月1日(金)-4月14日(日) 
会場:愛知県美術館 (愛知芸術文化センター10階)

|

2013.02.27

ついに明日、開会式です。

「APMoAプロジェクト・アーチ vol.5 佐藤香菜 森の中へ」@愛知県美術館

http://www-art.aac.pref.aichi.jp/exhibition/arch_exhibition.html

ついに明日、開会式です。

佐藤香菜の作品をもっと知っていただこうと、
作品のポートフォリオを作成し直しました。
会期中、展示室前の芳名帳やパンフレットが
置かれている所にファイルも設置いたします。
実作品そして過去作もあわせ、
より佐藤香菜の世界を知っていただければと思います。

今回、私自身も彼女の作品を
大学卒業頃から振り返るいい機会となりました。
さまざまな準備の中で、彼女の成長、そして地道に描くことに
精進してきた道のりをしみじみ感じ、
あらためてこんなに素敵な作家がいることを、
さらにたくさんの方々に知っていただけたらと思っております。

皆様、是非ご高覧賜りますよう、お願い申し上げます。

Simg_4580


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.21

生川和美@ミッドランド スクエア

12stepforward

生川和美作品がミッドランド スクエアに展示されます。
是非ご覧下さいませ。

====
6th ANNIVERSARY MIDLAND SQUARE
"THE ART MUSEUM"
この春、がミュージアムになる。

東海エリアに縁のあるアーティスト6名が、
ミッドランドスクエア6周年を記念し、
"春"をテーマにした作品を出品いたします。
期間中、館内各所に展示いたします。

■「春」を感じる6人の新進アーティスト作品展
3月2日(土) 〜31日(日) 館内各所
3月6日(水) 〜15日(金) 商業棟B1Fアトリウム

■アーティストトークライブ
日時:3月9日(土) 13:30〜
場所:商業棟B1Fアトリウム 特設ステージ
6人の新進アーティスト作品展」に出展する女性アーティスト達が登場。
ミッドランドスクエア6周年を記念し、
"春"をテーマにした展示作品の解説、作品秘話等をお話しします。

ミッドランド スクエア
名古屋市中村区名駅四丁目7番1号
====


| | コメント (0)

2013.02.15

「APMoAプロジェクト・アーチ vol.5 佐藤香菜 森の中へ」

昨日一昨日と愛知県美術館で3/1から開催される
ARCH vol.5 「佐藤香菜-森の中へ-」の搬入設置作業の為、
2日間、愛知県美術館に詰めておりました。
佐藤香菜作品も無事壁に収まり、ホッと一安心です。
大学卒業制作から、シェル美術賞受賞作、最新大作まで
若いながらもプチ回顧展のような形で、
佐藤香菜の制作の軌跡を辿れるような展示になりました。

愛知県美術館HPにも詳細が掲載されました。
いよいよ3/1から始まります。
是非お運びいただければと思います。
またアーティストトークに来ていただける方など、
招待券がIDFにございますので、ご連絡いただければと思います。

======
「APMoAプロジェクト・アーチ vol.5 佐藤香菜 森の中へ」
http://www-art.aac.pref.aichi.jp/exhibition/arch.html
会期:2013年3月1日(金)-4月14日(日)
会場:愛知県美術館 展示室6(コレクション展の1部屋)

*アーティスト・トーク (作家による展示説明会)
[日時] 2013年3月9日(土) 13:00-13:40
[会場] 愛知県美術館 展示室6
※申込不要、観覧券をお持ちの上、開始時刻にロビーにお集まりください。
======

S_dsc7013


S_dsc7032_2


Simg_4447


Simg_4456


Simg_4465


| | コメント (0)

2013.02.08

2月の展覧会が始まります。

明日2/9(土)から下記展示が始まります。
是非お運びいただければと思います。
初日には脇谷内里絵さんが金沢より在廊、
最終日には森尾佳子さんが神戸より在廊致します。

===
■GALLERY IDF「脇谷内里絵展」

Dmwaki_2

===
■IDF-mini「森尾佳子ガラス展」

Dmmorio_2

===
会期:2013年2/9 sat - 3/3 sun
会場:GALLERY IDF, IDF-mini
Reception party : 2/9 sat 16:00-18:00
OPEN: 11:00-18:00
LAST DAY: ~17:00
CLOSE: TUE.WED
TEL:(052)702-1206
info@gallery-idf.jp

| | コメント (0)

2013.02.04

イクタケイコ展、斉藤利恵展 無事終了いたしました。

来廊いただきました皆様、ありがとうございました。

イクタケイコさんはIDFで初めてとなる個展でしたが、
会期中毎週金土日とギャラリーに詰めてくださり、
IDFのお客様達、そして昨年京都や名古屋のアートフェアで
イクタ作品を知っていただいた方々、facebookから、と
たくさん方々に来廊いただき、直接のご意見ご感想をいただき、
これからの制作に具体的なイメージが湧き、
ますますステップアップしてゆくことと思います。
是非これからも彼女の進化を見守っていただけると嬉しいです。

次回発表は7月に開催されるSNIFF OUT(大阪)というイベントにて
新作を発表する予定です。是非お楽しみに。


S_mg_0692


S_mg_0877


S_mg_0917


IDF-miniの斉藤利恵展。
こちらもご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
今回の出品作品は4/20にOPENする
IDF-ANNEX(IDFビル隣)にても取扱いたします。
是非また遊びにいらしてください。


Ex1


Ex2


| | コメント (0)

2013.01.31

dpiマガジン(台湾)飯田キリコ掲載

昨年秋のSOKA ART CENTER TAIPEI(台湾)での個展の際に
取材していただいた記事が、dpiマガジンという台湾の美術雑誌に掲載され、
6ページにわたり飯田キリコを紹介していただきました。

2008年に 「ART TAIPEI」という台湾最大のアートフェアに参加して以来、
台湾でも飯田キリコを紹介していただく機会をいただき、
飯田キリコファンが世界に広がっていく。。
ディレクターの私自身も大変嬉しく思っております。


S_mg_9727


S_mg_0841


S_mg_0844


S_mg_0848


S_mg_0847


そして、以前も使われたのですが、
sleepyというバンドのジャケットに
飯田キリコの作品が使用されることになりました。
よかったら聴いてみて下さい。

【2/6発売】sleepy.ab/neuron【VV限定特典有り】【予約受付中】
http://vvstore.jp/feature/detail/2607

Sleepy


| | コメント (0)

2013.01.15

IDF-direction @ BAR N

本日から半年にわたり名古屋伏見の"BAR N"にて、
IDFディレクションの展覧会が始まります。
BARの黒い空間での展示となります。
いつもと違う作品の表情をお楽しみいただければと思います。

=============
闇の中のArt Gallery
アートとはアナタであり、
ギャラリーとはキミである

坂本太郎展 2013年1/15~3/10

安藤邦子展 2013年3/12-5/12 

テラオハルミ展 2013年5/14-7/14

会場:「BAR N」
住所:名古屋市中区錦2-10-24プリンター第一ビル2F
地下鉄東山線伏見駅1番出口徒歩2分
TEL:052-221-7558
OPEN:19:00-25:00(月曜定休)
*ご飲食されない方でもご覧いただけます。
*3名様以上でのご来観はご遠慮下さい。
=============

Img_4019


Simg_3754


Simg_3757


| | コメント (0)

2013.01.13

イクタケイコ展-彷徨-(GALLERY IDF)と斉藤利恵展(IDF-mini)始まりました。

今年最初の展覧会が始まりました。
IDFでの初めての個展となるイクタケイコ。
IDF-miniで展示を重ね出産後初の個展となる斉藤利恵。
年始のご挨拶にもたくさんの方々が訪れて下さいました。
温かい1年の始まりとなりました。
両展示2/3までの開催となります。
皆様のお越しをお待ちしております。

====
GALLERY IDF
イクタケイコ展 -彷徨-
■会期:2013年1/12 sat -2/3 sun
■開廊時間: 11:00 am-6:00 pm
■最終日: 5:00 pmまで
■定休日: 火・水
=====
IDF-mini
斉藤利恵展
SAITO Rie ceramic exhibition
■会期:2013年1/12 sat -2/3 sun
■開廊時間: 11:00 am-6:00 pm
■最終日: 5:00 pmまで
■定休日: 火・水
======
名古屋市名東区社が丘1-201 IDFビル2F
052-702-1206
http://www.gallery-idf.jp/

S_mg_0692
イクタケイコ展 -彷徨-

S_mg_0689
イクタケイコ展 -彷徨-

S_mg_0739
斉藤利恵展

S_mg_0677
斉藤利恵展

| | コメント (0)

2013.01.10

「であ、しゅとぅるむ」

辻恵が下記グループ展に参加しています。
とても質量のある展示でありながら、ごちゃごちゃ感が心地よく
あちこちに発見があり、見所も満載で、
とても不思議な展示でした。
是非お時間ございましたらお運びいただければと思います。

====
ファン・デ・ナゴヤ美術展2013「であ、しゅとぅるむ」
1月9日(水)-1月20日(日)
会場:名古屋市民ギャラリー矢田 第1展示室
企画:筒井宏樹
http://dersturm.net/
====

Img_6307


Img_4112


| | コメント (0)

2013.01.09

「APMoAプロジェクト・アーチvol.5 佐藤香菜 森の中へ」

愛知県美術館へ打ち合わせに行った時に目に入ってきたポスター。
3月から開催されるIDF作家-佐藤香菜の、美術館初企画個展となる
「APMoAプロジェクト・アーチvol.5 佐藤香菜 森の中へ」の告知が
既に掲示されていました。いよいよ近づいてまいりました。
円山応挙と同時開催となります。どうぞお楽しみに。

======
「APMoAプロジェクト・アーチ vol.5 佐藤香菜 森の中へ」
http://www-art.aac.pref.aichi.jp/exhibition/arch.html
会期:2013年3月1日(金)-4月14日(日)
会場:愛知県美術館 展示室6(コレクション展の1部屋)
アーティストトーク:3/9(土)pm1:00〜1:40
======

2


1


| | コメント (0)

2013.01.07

2013年新年。

2013gantan


2013年のお正月は東京府中の大國魂神社へお参りに。
初詣でひいたおみくじは大吉でした。

「無益の句より成る一千言よりも、聞きて安穏を得る一つの益ある句を勝れたりとす。」

心が動揺し自分を見失いそうになった2012年。
いろいろな人がいろいろな事を言う中で、
真の言葉をかけてくれる大切な人達と
揺らがずに進んで行きたいと思います。

皆様にも幸せで温かい1年でありますように。
心からお祈り申し上げます。

今年も充実した展覧会を開催してまいります。
そして、IDF作家達の成長を
是非お楽しみにいただければと思います。
どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

2013年1月吉日
GALLERY IDF
代表 竹松千華


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年年末〜2013年新年。

あけましておめでとうございます。
旧年中はGALLERY IDFをご愛顧いただき、
大変ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

たくさんのお年賀、ありがとうございました。
今年は気分的に賀状を失礼してしまい、大変申し訳ありませんでした。
この場を借りてお礼申し上げます。


更新がままならず、年をまたいでしまいましたので
年末からのご報告を。

佐藤香菜展-月を読む-@GALLERY IDF
正守千絵展@IDF-mini が12月に無事終了し、
最終日には、IDFの作家達といつも足を運んでくださるお客様とで
年忘れの忘年会を開きました。

総勢50人を越える温かい人たちとの素敵な時間を過ごせて、
1年の最後に涙が出るほど心が温かくなりました。
2012年は作家、お客様、友人達に、
仕事でもプライベートでも本当に助けていただきました。
感謝してもしつくせない感がありますが、
この仕事を続けててもよかったんだよね、と
唯一思わせてもらえた最高の忘年会でした。


S_dsc6685

S_dsc6687_2

S_dsc6688_2

そして年末は新たな空間作りにも励みました。
2013年春ごろを目安に[IDF-annex]というスペースを
IDFのお隣に(もとGOHONの場所)openさせます。
これはいつでも取扱作家達の作品を個展以外でもご覧いただける
viewing spaceとして、そしてそれを購入できるshopとして、
またみんなが集えるevent spaceとして運営してゆきます。
最初は試験的な運営になると思いますが、
徐々に皆さんに愛されるスペースとなって欲しいと思っています。

S_mg_0499

S_mg_0492

S_mg_0516

S_mg_0520


つづく。


| | コメント (0)

2012.12.29

終了いたしました。

佐藤香菜展-月を読む-@GALLERY IDF
正守千絵展@IDF-mini
無事終了いたしました。
たくさんの方々にお越しいただき、心からお礼申し上げます。
次回佐藤香菜の展示は下記の予定となっております。
是非こちらへもお運びいただければと思います。

======
「APMoAプロジェクト・アーチ」
http://www-art.aac.pref.aichi.jp/exhibition/arch.html
会期:2013年3月1日(金)-4月14日(日)
会場:愛知県美術館 展示室6(コレクション展の1部屋)
======

Simg_3355


Simg_3349


Simg_3353


S_mg_0432


S_mg_0437


S_mg_0439


S_mg_0441


S_mg_0442


| | コメント (0)

2012.11.26

終了いたしました。

辻恵展-対岸-@GALLERY IDF
大澤奈津子展@IDF-mini
好評の内に終了することができました。
来廊いただきました皆様、応援いただきました皆様、
心からお礼申し上げます。

S_mg_0049


S_mg_0050


S_mg_0051


S_mg_0052


S_mg_0055


S_mg_0053


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.16

ちいちゃん。

S_mg_4335

いつもギャラリーでみんなを和ませてくれていたちいちゃんが、
一昨日、天に召されました。

夏頃から顔が腫れだし、腫瘍のせいだと言うことで
お医者さんには秋までもたないかも、、と言われていました。

7年前にギャラリーの前で迷子になっていたちいちゃんと出会って以来、
ずっとギャラリーの看板猫をしてくれていました。
ギャラリーに集まる人たちが大好きで、
亡くなる二日前もフラフラなのに
ギャラリーの階段で一日過ごしていました。

さみしくなりますね。
ありがとうね。

| | コメント (0)

2012.11.10

IDFのfacebookページができました。

[GALLERY IDF] のfacebookページと
[IDF-mini] のfacebookページができました。


それぞれのページの「いいね!」ボタンを押していただくと
ご自身のニュースフィードに情報が届きます。

展覧会情報や作家の情報など、こちらからも配信してゆきますので、
是非チェックいただければと思います。

=========

GALLERY IDF
Faceidf


=========

IDF-mini
Facemini


| | コメント (0)

辻恵作品紹介。

辻恵の作品は和紙に墨のみで描かれています。
さまざまな墨の表現を用いて、白と黒の世界の中に
独特の世界を創り出してゆきます。
孤独の夜、やりきれない感情、慟哭、ざわめく心、。
見る人が自分の心情と重ね、深く絵の中に入りこんでゆける作品だと感じます。

11/25(日)までの開催となります。
是非お運び下さいませ。
土日は作家も在廊しております。


12
辻恵 成長する夜 80号変形 高知麻紙に墨 2012


12_2
辻恵 ほとり 297×420mm 高知麻紙に墨 2012


12_3
辻恵 対岸 297×420mm 高知麻紙に墨 2012


11
辻恵 砂 21.0×29.7cm(A4) 高知麻紙に墨 2011

11_2
辻恵 うつつ 21.0×29.7cm(A4) 高知麻紙に墨 2011


12_4
辻恵 夜盲 21.0×29.7cm(A4) 高知麻紙に墨 2011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.30

11月の展覧会。

11/3(土)より下記展覧会が始まります。
お時間ございましたら是非ご高覧賜りますようお願い申し上げます。

Dmtsuji

===================
■GALLERY IDF 
辻恵展-対岸-
TSUJI MEGUMI EXHIBITION "opposite bank"
2012年 11/3 sat - 11/25 sun
opening party:11/3(土)pm4:00-pm6:00
open:11:00-18:00
close: 火.水

■辻恵略歴
1985年 三重県生まれ
2003年 三重県立飯野高等学校応用デザイン科日本画専攻卒業
2009年 愛知県立芸術大学美術学部日本画専攻卒業
2011年 愛知県立芸術大学美術研究科日本画領域修了
2009年 第27回上野の森美術大賞展・入選
2009年 ペーターズギャラリーコンペティション2009・鈴木成一賞
2009年 シェル美術賞2009・入選
2009年 第4回 翔け!二十歳の記憶展・準グランプリ
2011年 第172回 The Choice
2011年 ペーターズギャラリー・コンペティション・長崎訓子賞次点受賞

■Artist statement
絵を見るとき、
表面の絵具ではなく、
紙ではなく、
「絵」を見るとき。
絵から何かを見るということは
自らの経験と知識を持って
「絵」を見つけるのだと思います。
それは絵というものを通して、
絵の中にある自分と向かい合うのことだと思うのです。

===================

■IDF-mini

大澤奈津子展
OOSAWA Natsuko ceramic exhibition
2012年 11/3 sat - 11/25 sun
opening party:11/3(土)pm4:00-pm6:00
open:11:00-18:00
close: 火.水

Dmoosawa

===================

辻恵展-対岸-が月刊美術11月号で紹介されました。

1211tsuji_out_2

1211tsuji_in

辻恵が TH no.52で紹介されました。

Th52tsuji

Th52htsuji


| | コメント (0)

2012.10.29

飯田キリコ展「表面張力」@SOKA ART CENTER TAIPEI 2

飯田キリコ展「表面張力 -surface tension-」が
台北のSOKA ART CENTER TAIPEIにて始まりました。
初日のレセプションにはたくさんの方々がいらして下さり、
みな真剣な眼差しで作品を見て下さりました。
11/25までの開催となります。
台湾へ行かれる方は是非お立ち寄りいただければと思います。

=========================
飯田キリコ展「表面張力 -surface tension-」
date:2012年10/27-11/25
venue:SOKA ART CENTER TIPEI http://www.soka-art.com/
2F, No.57,Sec.1, Dunhua South Road, Taipei, Taiwan, 10557
opening reception:2012.10.27 4pm〜
opening hours:Monday-Sunday 10:00-19:00
direction:SOKA ART CENTER, GALLERY IDF

S_mg_9702


S_mg_9705


S_mg_9716


S_mg_9727


S_mg_9763


S_mg_9756


| | コメント (0)

2012.10.22

飯田キリコ展「表面張力」@SOKA ART CENTER TAIPEI

GALLERY IDF:Artist exhibition

SOKA ART CENTER TIPEI にて
飯田キリコの個展を開催いたします。
2010年から二回目のSOKA ART CENTER での個展となります。
初日のレセプションには飯田キリコも在廊しています。
お近くに行かれる方は是非お立ち寄りいただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

=========================

「いつも、コップに満ちた水の表面が
今にも溢れそうに震えて膨らんでいるイメージがある。
それは、零れ落ちる前の涙、感情、視線、言葉達のイメージと重なる。
ポツリと落ちて来たひとつの滴で、堪えきれず音も無く溢れだす
その一瞬のきらめきを表現出来たらと願っている。」飯田キリコ


飯田キリコ展「表面張力 -surface tension-」
date:2012年10/27-11/25
venue:SOKA ART CENTER TIPEI http://www.soka-art.com/
2F, No.57,Sec.1, Dunhua South Road, Taipei, Taiwan, 10557
opening reception:2012.10.27 4pm〜
opening hours:Monday-Sunday 10:00-19:00
direction:SOKA ART CENTER, GALLERY IDF


Dmsoka2012


| | コメント (0)

2012.10.21

現在開催中の柏原真美子展 ~お皿に描かれた鳥かごの中に盆栽~ より

愛知県立芸術大学大学院2年次在学中の柏原真美子。
IDF取扱作家の中で一番の若手作家となります。
独特の世界観を持ち、色彩感覚と描写力に
今後の成長を感じさせる作家です。

開催中の出品作品から作品を少しご紹介。


12
星座の秘密 530×455mm (F10) 紙に水彩・アクリル・パネル 2012


12_mg_8146
携帯ガイコツ 14.0×18.0cm (F0) 紙に水彩・アクリル・パネル 2012


12_mg_8147
パーティーの後片付け 15.8×22.7cm (SM) 紙に水彩・アクリル・パネル 2012


12_mg_8150
ドローイング かたつむり 27.3×22.0cm (F3) 綿布に水彩・アクリル・パネル 2012

10/28までの開催となります。
是非お立ちより下さいませ。

===================
GALLERY IDF 
柏原真美子展  
~お皿に描かれた鳥かごの中に盆栽~
KASHIWABARA Mamiko solo exhibition
2012年10/6 sat – 10/28 sun

【柏原真美子略歴】
1987年 愛知県生まれ
2011年 愛知県立芸術大学美術学部油画専攻卒業
2011年 愛知県立芸術大学大学院美術研究科2年在学中
2011年 トーキョーワンダーウォール公募2011・入選
2011年 個展(GALLERY IDF・名古屋)

■Artist statement
人は、自然や生き物をどうにか鉢や籠に入れて愛でます。
私も雑誌や図鑑で見つけたモチーフを
画面の中で愛でるように絵をつくっています。

===================
朝日新聞でも紹介していただきました!

■作家紹介:
http://www.gallery-idf.jp/artist-index/kashiwabaramamiko.html


185027_486406638059427_1425118726_n


| | コメント (0)

2012.10.18

深堀隆介展@Harbour City in Hong Kong 2

金魚を描く深堀隆介の個展がharbour cityで始まりました。
10/18の初日にはハーバーシティ内アトリウムにてライブペイントも開催され
たくさんの観客で盛り上がりました。
11/5までの開催となります。

======
深堀隆介展 A Goldenfishing Studio
date:2012年10/18~11/5
time:11am~10 pm

"A Goldenfishing Studio"Paintiong Demonstration
date 2012年10/18 1-2pm

venue :Harbour City, Honk kong
3-27 Canton Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong
http://www.harbourcity.com.hk/landing.htm

direction:HARBOUR CITY 海港城, Gallery by the Harbour, GALLERY IDF
======


35439_416498435070685_120118895_n


602342_416498448404017_384544627_n


527347_416498461737349_1032171081_n


416795_416498471737348_1909579631_n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.13

深堀隆介展@Harbour City in Hong Kong

深堀隆介の個展が香港にて開催されます。

今までアートフェアでは深堀作品をご紹介してきましたが、
個展は初めての開催となります。

香港でも有数の巨大ショッピングモール内ギャラリーでの
展覧会、そしてライブペインティング。
機会がございましたら是非ご高覧賜りますようお願い申し上げます。


Dm2
======

金魚養画場

1500年前、中国の杭州で誕生した生きた宝石「金魚」。
その金魚は、500年前に海を渡り、私の母国 日本にやってきました。
その後、日本でも金魚はとても愛され、日本独自の発展をしてきました。
その一つに「金魚すくい」という日本の金魚の遊びがあります。
夏のお祭りなどの露店で、金魚をいれたタライを前に、
お客さんは薄紙を張った“ポイ”と呼ばれる道具で金魚をすくいとるものです。
ただし、薄紙が破れたら終了です。
すくった金魚は袋に入れて家に持ち帰ることができます。
この金魚すくいという遊びのおかげで、
日本人なら誰でも一度は金魚を飼った経験があるほどです。

私が金魚を描くきっかけになったのも、金魚すくいで取ってきた一匹の金魚でした。
スランプだった僕を、その一匹の金魚が救ってくれたのです。
もし、あの子がいなかったら今の私はありません。
今回、金魚を通して、我々アジア人がもつ共通の美意識やアイデンティティーを感じて、
そして皆さんがよく見かける身近な金魚という存在が、
世界の人々を魅了する美しさをもっていることを知っていただけたら幸いです。


深堀隆介展 A Goldenfishing Studio
date:2012年10/18~11/5
time:11am~10 pm

"A Goldenfishing Studio"Paintiong Demonstration
date 2012年10/18 1-2pm

venue :Harbour City, Honk kong
3-27 Canton Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong
http://www.harbourcity.com.hk/landing.htm

direction:HARBOUR CITY 海港城, Gallery by the Harbour, GALLERY IDF
======


| | コメント (0)

2012.10.10

開催中のIDF-mini ツグミ工芸舎展から

IDF-mini (同時開催) 
ツグミ工芸舎展
TSUGUMI kougeisya wood exhibition
2012年10/6 sat – 10/28 sun

■Artist statement
ツグミ工芸舎は、都市を離れ、なんの縁も無い秩父山中にて
夫婦が家族を巻き込んで始めた小さな工房です。
沢水を生活水とし、主に木の小物をつくっています。
身近にある材(古材・間伐材・生樹、古いもの)を利用し、
その出会いと背景に想いを馳せ、ひとつひとつ手作業でつくっています。
屋号は、夏の間夕暮れから明け方にかけて、
神秘的な声で鳴く鳥、トラツグミにあやかりました。
様々な鳥達の声、季節を彩る草花、その空間を飛び交う虫や蝶、
ふとしたときの野ウサギやタヌキの気配。
私達を取り巻くそんな環境に感謝しつつ、
共に育ち、一緒に旅してくれるような作品を
つくってゆけたらと願っています。


■作家HP:
http://tugumi-craft.jp/index.html


S_mg_9226


S_mg_9227


S_mg_9229


S_mg_9230


S_mg_9232


S_mg_9241


S_mg_9253


S_mg_9254


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここのところ、、

ブログの更新もままならず、失礼しておりました。
facebookページができ、そちらにも情報を掲載しておりますので、
是非ご活用下さいませ。


展覧会の方は、下記展示が好評の中、無事終了いたしました。
来廊いただきました皆様、大変ありがとうございました。
■飯田キリコ展 ~かわりに花を~ @GALLERY IDF
■尾形かなみガラス展 @IDF-mini


現在は下記展覧会が始まっております。
2012年10/6 sat – 10/28 sun

486964_411826218871240_1026982688_n
■柏原真美子展~お皿に描かれた鳥かごの中に盆栽~ @GALLERY IDF 


644480_411825962204599_1716771672_n
■ツグミ工芸舎展 @IDF-mini


お時間ございましたら、是非お立ち寄り下さい。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«facebookページできました。