« 打ち合わせ | トップページ | アトリエ訪問 »

2009.09.03

教育とアート

今日は、お客様の仕事場に作品を納品してきました。
以前にテラオハルミのイグアナもお買い上げいただいていて、
その子達にも会いに行ってきました。
いました、いました。
ちゃんとステキな居場所をつくっていただいて、
イグアナ達も嬉しそうです。

なんと、ここは
私が伺ったときも生徒さん達が一心に机に向かっていました。
普通の学習塾とは何だか雰囲気が違います。
空間の仕切りも味気ないパネルではなく、
人の温もりが感じられる素材。かまくらのような個室。
そして教室内にはさりげなくアートが飾られています。

私がギャラリストの仕事をしていて、海外などへ出向いた際に
いつも感じるのは、子供の頃からアートが生活に浸透していて
自然にアートに親しむ素地ができていること。
日本でよく言われる、アートは難しい、わからない、敷居が高い、
という感覚は、日本の教育や生活意識が変わってゆかなければ、
容易に変えられる事ではないのではないか、ということ。

ここの塾のように塾長がアートを楽しみ、
そこに通う子供達も自然にその楽しみ方に触れている、
そのしみこんだ経験が、大人になった時に
きっと豊かな形となって現れてくるのではないかと。
素敵だと思いました。


09moriya1


09moriya2

|

« 打ち合わせ | トップページ | アトリエ訪問 »

*アートを楽しむ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。