« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010.05.30

気持ちのいい始まり。

現在開催中の「酒井陽一展」「浅井千里展-mini」。

今日はオープンからたくさんのお客様。

静かな日もあれば、賑やかな日もありますが、
今日は、今日の天気のように爽やかな一日になりそうです。

両展とも6/6(日)まで開催。
本日、そして6/5(土)6/6(日)は酒井陽一、浅井千里ともに在廊しています。
是非遊びにいらして下さいませ。

10sakai3_2

酒井陽一展の様子。(GALLERY IDF)


10chisato2_2

浅井千里展の様子。 (IDF-mini)

| | コメント (0)

2010.05.28

額装ラッシュ

ここの所、額装を頼まれることが多く、
アクリルボックスを引き取りに行って取り付けたり、油額を選んだり。

10flame


お客様にご提案するときにはこんなふうに画像を合成して。
これは深堀金魚をアンティークなインテリアと合わせたい、というご希望。
何だかゴージャスに!

10flame2_2


油彩やアクリルなどの作品はそのまま飾っていただくことが多いですが、
作品にもよりますが、額に入ると作品も何だか誇らしそう。


10flamenaru

こちらは生川和美作品。


10flameharuko_2

こちらはプレゼントに、と川合治子作品。


10hattori

こちらは新しく仲間入りした私のコレクション、服部知佳作品です。

額装もお気軽にご相談くださいませ。

| | コメント (0)

2010.05.25

うれしい報告、続々と!

IDF所属作家の佐藤香菜が「トーキョーワンダーウォール公募2010」に入選!
1034人のうちの83人に選ばれました。

IDFでは毎年の個展、そして昨年の「コンテンポラリーアートフェア」へは
個展形式での参加。次回は2010年7/10(土)-8/1(日)
IDFにて新作個展を予定しております。
どうぞお見逃しなく!


そして同じく所属作家の生川和美が「ビエンナーレうしく」に入選!


二人とも5月の「アートフェア京都」でご紹介したばかり。
めきめきと力をつけてきています。


そして所属作家の茶谷麻里が企画展に参加いたします。
5/31(月)-6/5(土)まで東京京橋のアートスペース羅針盤にて。

彼女も昨年10月に初個展をIDFで開催し、
今年も10月に伊勢現代美術館(三重)、
そして来年1月には、はるひ美術館(愛知)での個展が控えております。


GALLERY IDF 期待の新人達をどうぞ宜しくお願いいたします m(_ _)m

09atarasiitoiki
佐藤香菜「新しい吐息」 65.2×80.3cm(F25) oil on canvas.embroidery 2009


10
生川和美「太陽の光は私たちをあたためる」 116.7×116.7cm (S50)oil on canvas 2010


10snowscape
茶谷麻里「snow scape」 60.6×72.7cm (F20) oil on canvas 2010


| | コメント (0)

掲載!

ぴあ中部版に「酒井陽一展 -weather-」 掲載していただきました。
ありがとうございます。


10sakaipia2


10sakaipia1

| | コメント (0)

2010.05.24

酒井陽一作品

今日は現在開催中(6/6まで)の酒井陽一作品について少しお話を。

彼の作品はアルミニウムの板をお弁当箱のフタのように加工し、

Crw_4753_2


その表面をサンドペーパーでこすり描くように、

Crw_4851_2


またルーターやグラインダーなどで削り、

Crw_4844_2


また時には薬品を使用して化学反応をおこさせたり、

Crw_4852_2


その上にシルクスクリーンで模様、図柄を刷ってゆきます。

Crw_4848_2


今展示では水面に映った風景を、金属の反射をうまく利用して
表現しています。水面に映った雲や太陽の光が、時間と共に流れてゆくように
照明の当て方、外の光の入り方、時間帯によって
その画面はさまざまな表情を見せてくれます。

今までは写真からおこしたグラフィックデータを
シルクスクリーンで刷る、という間接的な技法によって
制作を続けていた彼から「最近、描きたいと思うんです」という
言葉を聞くようになり、今新作展では、その気持ちが画面に表現された
絵画的な印象へと変化を遂げました。

2年に1回ごとの発表で、4回目。
彼の作品を見続けて8年になります。
ゆっくりだけど、確実に自分の作品と向き合っている、
そんな彼の作品をこれからもIDFでは見守ってゆきたいと思っています。

| | コメント (0)

2010.05.23

イタリアンレストラン

10takahashi2

昨年のグループ展時に生川和美作品をお買い上げいただいたお客様が
イタリアンレストランをopen!

ちょうど東京から来客があったので、みんなで伺ってみると・・・

10takahashi

ありました!生川作品。
小さいけど存在感があります。

お店をopenしたら絶対飾りたいと思っていたんです、とマスター。
嬉しいです。。

10takahashi3

パスタがおすすめです。お近くへ行かれた際には是非!

-------------------------------------------
concertino コンツェルティーノ
名古屋市中区栄1-23-34 TKビル1F
052-223-2200
定休日・日祝

| | コメント (0)

2010.05.20

掲載!

美術の窓「新人大図鑑2010」画廊が選ぶ注目の新人アーティストに
GALLERY IDF から淺野健一が掲載されました。

淺野健一は第13回TARO賞に入選したばかり。
IDFでは11/27-12/19に個展を予定しています。

2009年には4月に初個展を終えたばかりの生川和美を、
2008年には7/10-8/1に個展予定の佐藤香菜を掲載していただきました。

これからもどんどん伸びていってもらいたい作家達です。
是非応援宜しくお願いいたします。

10shinjin1


10shinjin2


そしてここのところ新聞、雑誌の取材依頼が立て続けに入り、
重なるときは重なるんだな、、と。
ありがたいことです。
またこちらのブログでもご紹介してゆきます。

| | コメント (0)

2010.05.19

one piece 倶楽部

ワンピース倶楽部の第3回定例会が開催されました。
今回は名古屋のギャラリストも多数参加。
あいちトリエンナーレ芸術監督の建畠晢氏からのお話もあり、
トリエンナーレのことを少し知ることができました。
地元名古屋の方々よりも、遠方の方々から
トリエンナーレを楽しみにしているという声を聞くことが多く、
私たちもせっかくのトリエンナーレ、もっと楽しまなくてはいけないですね。
とはいえ、ギャラリーなどは蚊帳の外的な感じも否めず、
何をどう盛り上げていけばいいのか、、。
少し考えてみたいと思います。

10onepiece

ワンピース倶楽部代表の石鍋さん、名古屋支部長の真寿美さん、そして建畠晢氏

| | コメント (0)

2010.05.16

酒井陽一展・浅井千里展(mini) 始まりました。

天候にも恵まれ気持ちいいスタートをきりました。

酒井作品はいきなり10点ほど予約が入り、
浅井作品も季節にマッチしてとても好評です。

二人の柔らかく優しい人柄もあり、
ギャラリーの中には爽やかで穏やかな空気が流れています。

Img_47121

Img_47161
酒井陽一展風景


Img_47211

Img_47271
浅井千里展風景

10sakai1
アーティストトーク中の酒井陽一(左)と浅井千里(右)

| | コメント (0)

2010.05.14

搬入。

Img_45921


明日から始まる酒井陽一展・浅井千里展(mini)の搬入が無事完了。
酒井君はIDFにて2年ぶり4回目の個展となり、
浅井千里ちゃんはIDFにて毎年個展開催。4回目の個展となります。
二人とも、年を経る度に新しい事に挑戦し、
作品の完成度、クオリティも上がってゆきます。
こういった事がギャラリストとして何より嬉しいと感じます。
たくさんの方々に見ていただきたいと思います。

明日pm4:00からpm6:00までアーティストトーク、そしてオープニングパーティも
開催されます。お時間ございましたら是非お立ち寄りくださいませ。


======================================
酒井陽一展 -weather-
SAKAI Yoichi solo exhibition
■会期:2010年5/15(土) -6/6(日)
■パーティ: 2010年5/15(土) 4:00pm-6:00pm
■開廊時間: 11:00am-6:00pm(金曜日は8:00pmまで)
■最終日: ~5:00pmまで
■定休日: 火・水

Dm10sakai


アルミ板を加工し、削り、その上にシルクスクリーンで刷り上げるという技法を用いて、
独自のメタリックな世界を創り出している酒井陽一。
金属の光沢を巧みに利用し、光の反射やきらめきを画面に表現してゆきます。
今回は「天気」をテーマに、雲の間から差し込む光を絶妙にとらえた
新作約17点を発表いたします。


======================================
浅井千里展
ASAI Chisato glass exhibition
■会期:2010年5/15(土) -6/6(日)
■パーティ: 2010年5/15(土) 4:00pm-6:00pm
■開廊時間: 11:00am-6:00pm(金曜日は8:00pmまで)
■最終日: ~5:00pmまで
■定休日: 火・水

Dmasaichisato


滋賀県にて制作を続ける浅井千里。
色の組み合わせ、色の響き合いをコンセプトに、
端正で凛とした雰囲気ただよう作品を作り出しています。
今回の制作では特にガラスという素材のもつ美しさを
あらためて意識し実感したという彼女の
食器、花器を中心とした新作を展示いたします。

| | コメント (0)

掲載!

名古屋にtactというフリーペーパーが誕生しました。
記念すべき第一号にIDFの展示予定を何と1ページ!
しかもフルカラー!。
ありがたいことです。


10tact


こんな感じで、国際デザインセンターとGALLERY IDF、2件の
7月までのスケジュールを掲載していただきました。。
びっくり!

10tact2_2


ギャラリーに少し設置してあります。
なかなかおもしろい冊子ですので、是非ご覧ください。


| | コメント (0)

歯医者さんでアート! vol.2

昨日は前回の川合治子展に続き、「歯医者さんでアート!」の展示替えに。
2回目の今回は明日からIDFでも個展が始まる酒井陽一展を同時開催。
こちらの歯医者さんは「見せて下さい!」と行くことは出来ませんが、
歯科検診がてら是非訪れてみて下さい。

---------------------------------------
■「歯医者さんでアート!vol.2」
会期:5/14(金)-6/16(水)
会場:安江歯科医院 名古屋市守山区小幡南1-24-10 アクロス小幡2F
---------------------------------------

展示の様子を

10yasuesakai4


10yasuesakai1

| | コメント (0)

2010.05.12

空がとても青くて。

決算大詰め、フェア後の処理、打ち合わせ、返信、土曜からの展示準備と
次から次への仕事山積みの中、ああそうだ、銀行へも行かなきゃ、、と
車を走らせていたら、空がとっても青くて気持ちよくて、
今日は定休日なんだから、、と、休みを決め込んで、東山動物園へ。
一人のんびりブラブラしてきました。
お陰で気持ちがすっきり。
明日からまたがんばります。

10higashiyama2
まっ青な空。

10higashiyama1
東山動物園のバードハウスはお勧め。すぐちかくで柵もなく見られます。

10higashiyama3
生川和美風、バラ。

| | コメント (0)

2010.05.10

アートフェア京都終了。

とても気持ちの良い天候の中、アートフェア京都終了いたしました。
フェア中、まったく更新できませんでしたので
フェアの様子を一気にアップさせていただきます!

========
前日は搬入。新幹線で名古屋から40分ほど。近いですね〜、京都。

100506_1202181_2

わりとスムーズに展示作業を終え、
お手伝いしてくれた出展作家の生川和美さんと今回のフェアの
主催者でもある石橋オーナーのニュートロンさんで夕食を。

100509_101023

こちらはレストランとギャラリーが一緒になっており、食事をしながら
展示が楽しめます。雰囲気のあるビルの2階です。

Img_4292

お料理もおいしい。。

========
初日。
朝からの雨もやみ、コンスタントにお客様が。
混雑もせず、とてもいいペース。ゆっくりお話しながら
作品を見ていただけました。

IDFブースの展示の様子はこんな感じ。

Img_4361

Img_4379

Img_4382

Img_4397

Img_4307

(もっと見る

初日終了後はレセプションパーティが盛大に開催されました。

100507_1955181

========
二日目。
またまたちょうど良い感じの人の流れ。
みなさん今回出品した5人の取扱い作家個々に興味を持って下さり、嬉しい限り。
名古屋からもまた京都観光を兼ねて、たくさんの方がいらして下さいました。
差し入れもありがとうございました!

Img_4340_2

Img_4406_2

Img_4410_2

Img_4411_2


========
三日目。
最終日はさすがに混雑してきました。でも皆さん気さくに話しかけて下さるので、
私自身も楽しく接客させていただけました。

Img_4333

Img_4338

Img_4404

あっという間に搬出です。

Img_4391

フェア中ずっとお手伝いしてくれた出品作家の佐藤香菜ちゃん、生川和美さん、ありがとう!!

Img_4409

京都らしい和食のお店で腹ごしらえをして、お迎えにきてくれたスタッフと車で名古屋へ。
深夜に到着。お疲れ様でした!

*おかけんたさんのブログにも紹介いただきました。ありがとうございます!

| | コメント (0)

2010.05.05

愛情一本!

10goya

この怪しげなwakamotoの瓶に入った液体。

手作りゴーヤ茶。 ・・・にがっ。

風邪気味の私にスタッフからのプレゼント。
京都の前にたおれないように!!と。
毎回そんなお世話を受けながら、フェアに旅立っている気が。。
ありがたいことです m(_ _)m

Thanks !!


この時期はスタッフ2人のお誕生日。
それぞれのお誕生会の様子です。

10births

スタッフ牧さんのお誕生日は、東山のカジュアルフレンチへ!


10birthm

スタッフ正ちゃんのお誕生日は、カラオケ!ウン十年ぶりに私も歌っちゃいました(^-^;

| | コメント (0)

準備

10kyoto


アートフェア京都の準備。
数えれば2007年からちょうど10回目のフェア参加となります。
東京、大阪、台湾、ベルギー、香港、そして今回の京都。
以前を思えば準備も随分要領よく進みます。
京都でどんな方々とお会いできるのでしょうか。
フェアの前はいつもワクワクとドキドキです。
皆様を作家の佐藤香菜、生川和美と一緒に
ブースナンバー423でお待ちしております!

| | コメント (0)

2010.05.03

展示終了しました。

10naru3_2

生川和美展、キエリ舎展(mini)終了いたしました。
ゴールデンウィークに会期が重なったことから、
遠方のお客様も足を運んで下さり、
名古屋に行くときは、IDFへ!
そんなふうに思っていただけるよう、これからも
常に充実した展覧会を開催してまいりたいと思います。

生川和美の初個展。
彼女との出会いは人と人との縁でした。
私が企業とのコラボで展示のディレクションを1年間受け持ったときの
担当のMさんが、アートに興味を持って下さり、結婚退職後、
愛知県美術館での日展ガールのバイトをされていたときに、
生川さんと出会い、美大を出ていない彼女は、制作を続けて行く中で
どのように進んでいったらいいのか、、と悩みを相談する中で
Mさんから私に「彼女の話を聞いてもらえないかな」と。

初めて見せてもらった作品は上手だけど、
「上手だね」というだけの作品でした。
でもそこになにか光るキラリとした感性が。
それから2年。常に作品と真摯に向き合う生川さんの成長は
めざましいモノがありました。
まだまだ今回がデビューです。
これからもどうぞ彼女の成長を見守って下さいますよう
お願い申し上げます。

展示の様子はコチラから。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »