« 月刊ギャラリー12月号に淺野健一展が掲載されました。 | トップページ | 淺野健一展・終了。そして忘年会! »

2010.12.16

子供のための美術館の歩き方

お子様と一緒に美術館へ行きませんか?

美術の授業もどんどん減り、芸術に触れる機会が減っている今の子供達。
海外では家族揃って金曜日の夜に美術館を訪れ、団らんを楽しむ。
そんなことが普通に日常の生活の中にあります。

日本の美術界の今後を考えるとき、
どうしても行き着いてしまう、教育という問題。
美術が特別な難しいことではなく当たり前に生活の中にあるものと感じて
子供達が育つことは、きっと豊かな心を育みます。

絵を描きたいと思う人がいて、作品を感じることができる人がいて、
それを日本の大切な宝だと思えて、日本の文化が支えられるのだと
私は思っています。

時間がかかることではありますが、私たち美術に関わっているもの達が
少しずつ動いてゆかなくてはならないことだと感じています。

子供は騒ぐし、、行ってもよくわからないし、、。

でも行かなければ、ずっと知らないまま。
経験することで、鑑賞するときのマナーやアートを楽しむ心が培われてゆきます。
美術館でも子供達に親しんでもらうため、さまざまな工夫をしてくれています。

今回友人が企画をした「子供のための美術館の歩き方」。
第37回創画会ー名古屋展の会場にて、開催されます。

日 時: 12月24日(金) 17:30~
対 象: 小学生
会 場: 第37回創画展 名古屋展 愛知県美術館ギャラリー (愛知芸術文化センター 8F)
参加費: 無料 (但し、保護者の方の入場には、入場料が必要です)
申し込み期限: 12月23日(木)まで

是非ご興味ある方はメールにて(企画責任者:浅野氏)
お問い合わせくださいませ。

|

« 月刊ギャラリー12月号に淺野健一展が掲載されました。 | トップページ | 淺野健一展・終了。そして忘年会! »

*アートを楽しむ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。