« 愛知県美術館にて | トップページ | NEW artists preview! 展 - 脇谷内里絵・紹介 »

2011.02.19

New artists preview! 展 - 柏原真美子・紹介

会期中盤に入りました「New artists preview! 展」。
出品作家を順にご紹介。

まずは柏原真美子さん。

-------------------------------------------------------------------------------------------
色のやりとりを大切に思いながら制作しています。
色や柄の組み合わせを変えてゆくことによって、
画面のなかのモチーフも動いていく過程は舞台をつくるようです。
できあがった作品には特に物語性はないのですが、つくっている過程では
ひとつひとつが切り取られたミュージカルの一場面のようだったらという
イメージでつくっています。
最近ではサーカスや民族を扱って、一瞬、少し面白いかもと
感じてもらえるような一場面をつくっていきたいと思います。(柏原真美子) 
-------------------------------------------------------------------------------------------

10totempouru
トーテムポールに守られて 72.7×91.0cm(F30) 紙に水彩.アクリル.コラージュ 2010


彼女は現在、愛知県立芸術大学の4年生。
卒業制作展をひかえています。

彼女との出会いは、一枚のDMから。
スイミングスクールを会場に彼女が展示をした際のDMが
何だか気になっていて、私のデスクの壁にずっと貼ってありました。
ひょんなことからその展示を企画したフリーのディレクターとコンタクトが取れ、
彼女と連絡を取ることができました。

お会いしてみると綿菓子のようにホワっとしていて、
でもどこか意志の強さと柔軟性をもった印象。

そして作品も拝見し、
今回の企画に参加していただくことになりました。

11shootingstar
星を撃つ 36.4×51.5cm(B3) 紙に水彩.コラージュ 2011


そもそもこの「New artists preview! 展」は
これからの成長が楽しみな新人作家を紹介してゆこう、という
コンセプトの元、始まった企画展です。

まだ大学生の彼女ですが、
色彩感覚、画面構成、そしてコソッとユーモラスな笑みをもたらすセンス。

楽しみです。

今年11月にIDFで個展も予定しております。
是非彼女の今後に注目していただければと思います。

(柏原真美子作品はコチラからもご覧いただけます。)

|

« 愛知県美術館にて | トップページ | NEW artists preview! 展 - 脇谷内里絵・紹介 »

* exhibition」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。