« 「VARIA アートフェア名古屋」報告-3 | トップページ | IDF-miniで開催中の尾形かなみ展。 »

2011.09.18

アートフェア後日談

先日のVARIA ART FAIR NAGOYA(松坂屋名古屋店)に
お越しいただいたお客様とばったり。

開口一番に「気になって仕方がないんです」と。
IDFで展示をしていた作家の作品が頭に浮かんできて、
どうしても気になってしまい、購入したいとのこと。

なんて嬉しいことでしょう。
後日、IDFでまた他の作品もご覧いただくことになりました。

こういう出会いはギャラリストとしても、作家としても
何より嬉しいことです。
これもVARIAに出展したお陰。

すぐに結果はでなくても、徐々にIDFの作家達の作品が
たくさんの方の記憶に残っていってくれればと思います。


そして先日名古屋のジャズライブハウスの老舗が40周年を迎え
そのお祝いの言葉の中に、

「文化は儲からない。でも必要としてくれる人がいなければ存続もできない。」

という一文が寄せられていました。
身に沁みました。

IDFも作家やお客様から必要とされるギャラリーであり続けたいと
10周年を前に新ためて思いました。


_mg_5924
開催中の飯田キリコ展「つづきはまた明日」

_mg_5931
開催中の飯田キリコ展「つづきはまた明日」

Dsc_3936
開催中の飯田キリコ展「つづきはまた明日」オープニングの様子。

|

« 「VARIA アートフェア名古屋」報告-3 | トップページ | IDF-miniで開催中の尾形かなみ展。 »

* art fair」カテゴリの記事

*アートを楽しむ」カテゴリの記事

*日々のこと」カテゴリの記事

飯田キリコ/IIDA KIRIKO」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。