« 嬉しかったこと2 | トップページ | 淺野健一展-avatar-終了しました。 »

2011.10.10

淺野健一展-avatar-

淺野健一展-avatar-が始まりました。

前々日から2日かけての搬入。

_mg_6061s


_mg_6075s


今回の彼の展示コメントです。
==
小さい頃、人は死んだらまた生まれ変わるんだと聞いてとても怖くなったのを、今でも覚えてる。
「終わりがない」ということに対して漠然とした不安を抱いてた。
それは今でも変わらない。同時によくやってたテレビゲームで感じてた、全ステージを
クリアした後で何事もなかったかのように初めから始まるあの絶望感。
骨になって死んだキャラクターが三秒後には復活して、また冒険を始める死への希薄感。
そもそも入れ物であるキャラクターを選択してゲームの世界に入っていくのは、
新たな誕生。それは見た目だけが違う人間の姿を示唆している。ゲームで遊ぶことで
死生観が構築されてきた僕は、やはり玩具やゲームをモチーフに死生観を表現してみようと思う。
==


オープニングにも彼のIDFでの4回目の個展を楽しみに
たくさんの方々がいらしてくださいました。


_mg_6112s


_mg_6114s


淺野健一展-avatar-
10/30(日)までの開催となります。

皆様のお越しを心からお待ちしております。

|

« 嬉しかったこと2 | トップページ | 淺野健一展-avatar-終了しました。 »

* exhibition」カテゴリの記事

淺野健一/ASANO KENICHI」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。