« アートコレクター2012年2月号に深堀隆介掲載されました。 | トップページ | 月刊美術2月号に淺野健一が紹介されました。 »

2012.01.30

もうすぐ10周年を迎えるにあたり。

I

IDFも3月で10周年を迎えます。

そんな中、去年の夏に体力不足とストレスの増加を感じ、
トライアスロンを始めた私ですが、

トライアスロンがオフシーズンということもあり、
最近はランニング中心のトレーニング。

走ることを始めて感じるのは、
当たり前のことなのですが、一歩一歩しか進めないということ。
ゲームのように抜け道もなければ、ワープもない。
淡々と一歩ずつ地面を蹴って進まなければゴールへはたどり着けない。

しんどかった1kが何とか走れるようになり、
その内5k楽に走れるようになり、
目標にしてた10kも何とか走れるようになる。
そろそろハーフマラソンにチャレンジしてみようかな。。
そして目標は大きくフルマラソン!

最初から42.195kをラクラク走れる人はまずいなく、
地道なトレーニングの積み重ねで、
基礎体力や、経験値がついてゆく。

でも時々、まどろっこしくなって、
ズルできないかな…などと考えてみたり、
大きく飛びながら走ってみたりなんかして、
”いいじゃない!”なんて調子に乗っていると、
結局足を痛めてしばらく走れなくなるような事態に。。

しかも、どんなフォームで走ったら速く走れるんだろう、とか
どんな走り方をすればスタミナがもつんだろう、とか
向上のために考えながら走らなければ上達はなく、
又、毎日走り続ければいいかというと、
トレーニングで体を鍛えた後には休める時間が必要で、
その回復の際に筋肉は育つのだという。
これを"超回復"というそうなのですが。。

仕事でも人生でも同じかもしれないな、、と。
10年の間に、これができるようになった、こういうこともできるようになった。
今度はこれを目標に、数年後はこんなことがやってみたい、
そのためには何をしたらいいのか、、なんて考えながら、
自分の身の丈を考えず行動すれば痛い目にも会い、
でもチャレンジした後には一回り大きくなれる気がする。
そんなこんなで一歩ずつ歩んできた気がします。

・・・なんて事を考えながら走ると、長い距離もあっという間。
これからも黙々と、常に改革しながら、目標を持って、
走ってゆこうと思う今日この頃です。

Img_1252

|

« アートコレクター2012年2月号に深堀隆介掲載されました。 | トップページ | 月刊美術2月号に淺野健一が紹介されました。 »

*日々のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。