カテゴリー「淺野健一/ASANO KENICHI」の記事

2012.02.01

月刊美術2月号に淺野健一が紹介されました。

特集「手に入れるなら、今のうち~2012年、この作家に注目せよ!」に
昨年10月にIDFでの個展を終えたばかりの淺野健一が紹介されました。
是非お手にとってご覧いただければと思います。

12gettkanbijyutu02asano2_3


12gettkanbijyutu02asano


| | コメント (0)

2012.01.07

淺野健一が紹介されました。

12gettkanbijyutu11

月刊美術2012年1月号「CLOSE UP ARTISTS 2012」に
天明屋尚さん注目のアーティストとして
淺野健一が紹介されました。
2月号にも掲載予定です!

| | コメント (0)

2011.11.01

淺野健一展-avatar-終了しました。

淺野健一展(GALLERY IDF)と金井さつき展(IDF-mini)終了いたしました。
たくさんの方々にお越しいただき、ありがとうございました。
作家も次なるステップへ踏み出そうとしております。
これからも応援いただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Acve3xjceaaswi2


そしてお客様のお宅へ納品へ。
こんな感じで飾っていただけることになりました。

Nouhin_2

淺野健一作品、初のお嫁入り。
記念すべき展覧会となりました。

ありがとうございました。

| | コメント (0)

2011.10.10

淺野健一展-avatar-

淺野健一展-avatar-が始まりました。

前々日から2日かけての搬入。

_mg_6061s


_mg_6075s


今回の彼の展示コメントです。
==
小さい頃、人は死んだらまた生まれ変わるんだと聞いてとても怖くなったのを、今でも覚えてる。
「終わりがない」ということに対して漠然とした不安を抱いてた。
それは今でも変わらない。同時によくやってたテレビゲームで感じてた、全ステージを
クリアした後で何事もなかったかのように初めから始まるあの絶望感。
骨になって死んだキャラクターが三秒後には復活して、また冒険を始める死への希薄感。
そもそも入れ物であるキャラクターを選択してゲームの世界に入っていくのは、
新たな誕生。それは見た目だけが違う人間の姿を示唆している。ゲームで遊ぶことで
死生観が構築されてきた僕は、やはり玩具やゲームをモチーフに死生観を表現してみようと思う。
==


オープニングにも彼のIDFでの4回目の個展を楽しみに
たくさんの方々がいらしてくださいました。


_mg_6112s


_mg_6114s


淺野健一展-avatar-
10/30(日)までの開催となります。

皆様のお越しを心からお待ちしております。

| | コメント (0)

2010.12.13

月刊ギャラリー12月号に淺野健一展が掲載されました。

少し以前になりますが、月刊ギャラリー12月号に
現在開催中の「淺野健一・武神一号展」が紹介されました。

10asanogallery

格闘技と日本の伝統の融合に現代のエッセンスが加わった
動く彫刻作品。


_mg_2348s


_mg_2350s


_mg_2360s


_mg_2362s


_mg_2363s


会期は12/19(日)まで。

今年最後の展示となります。
是非のお越しをお待ち申し上げております。

| | コメント (0)

2010.12.02

ワンピース倶楽部名古屋支部定例会 @galleryidf の様子。

アートの振興に貢献して下さっている"ワンピース倶楽部"という団体があります。
東京での認知度はかなり高いのですが、名古屋支部も今年発足いたしました。

-ワンピース倶楽部とは、現代アートマーケット拡大のため、楽しみながら、
最低一年に一作品(ワンピース)を購入することを決意した
アートを愛する人達の集まりです。非営利団体。-HPより。

その名古屋支部の定例会がGALLERY IDFにて開催されました。

会期中の淺野健一とIDF・竹松がゲストとして、
淺野健一作品について、作品を目の前に、スライドを交えながら
お話しさせていただきました。

10onepiece1
記念写真!作品操縦席に座られているのが石鍋団長。右隣が淺野健一。


懇親会はIDF1Fのブラジル料理カポエイラにて。
ギャラリストや作家、コレクターの方々が集まり
アート談義に花が咲きました。

10onepiece2

毎月定例会は場所を変え、ゲストを変え、開催されているようです。
会員でなくても、参加できるそうですので、
是非ご興味のある方はワンピース倶楽部名古屋支部まで
ご連絡してみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0)

2010.11.28

淺野健一展-オープニングの様子です。

淺野健一「武神一号展」が始まりました。
初日の昨日はレセプションでアーティストトークも開催。

作品が大きいので、スペースがなく、テーブルで作家を囲んでの座談会形式。
作品についての質問も飛び交い、彼の作品をより知っていただくいい機会となりました。
彼自身にとっても次に向けてのいい刺激となったのではないかと思います。

今回でIDFで3回目の個展となる淺野健一。
彼の真摯な制作の姿勢がファンを増やしています。

淺野健一の新作、是非ご高覧いただければと思います。


_mg_2007s


_mg_2016s


私はというと・・やはりもう少し余裕をもった空間で展示させてあげたい。。
・・そんな思いから年末から来年1月いっぱいかけ、
ギャラリーを改装いたします。
少しでも空間が広げられたら、、と思っています。
お楽しみに!

| | コメント (0)

2010.11.26

淺野健一展搬入、そして歯医者さんでアートvol.5の展示入替。

昨日は11/27(土)から始まる淺野健一「武神一号展」の搬入でした。
2008年から今回で3回目の開催となります。
年々彼の世界観がひしひしと伝わってきます。
1年をかけて制作してきた新作「武神一号」。
皆様のお越しを心からお待ちしております。

_mg_1955s

_mg_1958s


そして、夕方からはIDFが一年間コーディネートを担当している
守山区の歯科医院にて展示の入替。
秋の雰囲気だった「佐藤香菜」作品から
クリスマスとお正月を意識して明るい雰囲気の「テラオハルミ」作品へ展示替えです。

101125_182612s

101125_182519s


慌ただしく毎日が過ぎてゆきますが、
今年も後少し。
もう一踏ん張りですね!

| | コメント (0)

2010.11.24

淺野健一展(IDF)・斉藤利恵展(IDF-mini)始まります。

11/27(土)よりIDFでは淺野健一「武神一号展」、
miniでは「斉藤利恵展」を開催いたします。
今年最後の展覧会となります。是非お運び下さいませ。

======================
■会期:2010年11/27 sat. - 12/19 sun.
■アーティストトーク: 2010年11/27(土) 4:00pm-6:00pm
■開廊時間: 11:00am-6:00pm(金曜日は8:00pmまで)
■最終日: ~5:00pmまで
■定休日: 火・水
======================

今年、力士の土俵入りを作品にした「力人」で
第13回岡本太郎現代芸術賞に入選をはたした淺野健一。
仏像の修復に携わることにより習得した日本古来の素材や技法を用いて
キックボクサー、相撲の力士という自身の趣味である格闘技のモチーフに、
ゲームなどの自身が身近に接している現代的な要素を含ませ、
カラクリやあやつり、球体関節などの技術を用いて、
動くことにこだわった作品を制作しています。
自らのこうした作品が、今まで日本人が培ってきた伝統美や技術を
再確認するきっかけとなって貰えれば、と語ります。
今展では、武道の神をイメージした作品の目の部分に取り付けられたカメラを通して
作品の視野がモニタに映り、作品と一体化できる「武神一号機」、
3D格闘技のポリゴン処理をイメージした「古い闘神」の2点を発表致します。

Dmasano2010


斉藤利恵は街シリーズなど実用的で夢のある陶作品を制作しています。
彼女の温かい器は使う人を幸せな気持ちにしてくれます。
使い勝手の良いテーブルウェアを展示致します。
是非お時間ございましたらお立ち寄り下さいませ。

Iconex10saito


そして、コレクターの会、ワンピース倶楽部名古屋支部の
定例会が11/28(日)pm6:30〜pm8:00までGALLERY IDFにて
淺野健一作品を囲み、淺野健一とIDF竹松のトーク形式で開催されます。
pm8:00からはIDFビル1Fのカポエイラにて懇親会。
詳細は下記を↓ご覧ください。

どなた様もお気軽にご参加下さい。お待ちしております〜!

(定員30名となりますので、事前にワンピース倶楽部名古屋支部長・山本さんまで
ご連絡下さいませ)

Onepiececlub

| | コメント (0)

2010.06.24

雑誌「アートコレクター8月号」に紹介されました!

アートコレクター8月号特集
「これからブレイク間違いなし!の新人立体アーティスト100人」に
IDF作家の深堀隆介、淺野健一が紹介されました!

深堀隆介は現在IDFにて個展開催中(7/4まで)
淺野健一は11/27〜12/19にIDFにて個展予定です。

10artcollector1


10artcollectorhuka


10artcollectorasano


そして、同誌にて名古屋・アート内「名古屋の若手女性ギャラリスト」特集で
わたくし竹松とGALLERY IDFも紹介されております。

ちょうど7/10〜8/1までIDFで個展予定の
佐藤香菜作品も紹介されております。

10artcollectorchi


10artcollectorchi2


是非お手に取ってご覧いただければと思います。

| | コメント (0)