カテゴリー「深堀隆介/FUKAHORI RIUSUKE」の記事

2012.10.18

深堀隆介展@Harbour City in Hong Kong 2

金魚を描く深堀隆介の個展がharbour cityで始まりました。
10/18の初日にはハーバーシティ内アトリウムにてライブペイントも開催され
たくさんの観客で盛り上がりました。
11/5までの開催となります。

======
深堀隆介展 A Goldenfishing Studio
date:2012年10/18~11/5
time:11am~10 pm

"A Goldenfishing Studio"Paintiong Demonstration
date 2012年10/18 1-2pm

venue :Harbour City, Honk kong
3-27 Canton Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong
http://www.harbourcity.com.hk/landing.htm

direction:HARBOUR CITY 海港城, Gallery by the Harbour, GALLERY IDF
======


35439_416498435070685_120118895_n


602342_416498448404017_384544627_n


527347_416498461737349_1032171081_n


416795_416498471737348_1909579631_n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.13

深堀隆介展@Harbour City in Hong Kong

深堀隆介の個展が香港にて開催されます。

今までアートフェアでは深堀作品をご紹介してきましたが、
個展は初めての開催となります。

香港でも有数の巨大ショッピングモール内ギャラリーでの
展覧会、そしてライブペインティング。
機会がございましたら是非ご高覧賜りますようお願い申し上げます。


Dm2
======

金魚養画場

1500年前、中国の杭州で誕生した生きた宝石「金魚」。
その金魚は、500年前に海を渡り、私の母国 日本にやってきました。
その後、日本でも金魚はとても愛され、日本独自の発展をしてきました。
その一つに「金魚すくい」という日本の金魚の遊びがあります。
夏のお祭りなどの露店で、金魚をいれたタライを前に、
お客さんは薄紙を張った“ポイ”と呼ばれる道具で金魚をすくいとるものです。
ただし、薄紙が破れたら終了です。
すくった金魚は袋に入れて家に持ち帰ることができます。
この金魚すくいという遊びのおかげで、
日本人なら誰でも一度は金魚を飼った経験があるほどです。

私が金魚を描くきっかけになったのも、金魚すくいで取ってきた一匹の金魚でした。
スランプだった僕を、その一匹の金魚が救ってくれたのです。
もし、あの子がいなかったら今の私はありません。
今回、金魚を通して、我々アジア人がもつ共通の美意識やアイデンティティーを感じて、
そして皆さんがよく見かける身近な金魚という存在が、
世界の人々を魅了する美しさをもっていることを知っていただけたら幸いです。


深堀隆介展 A Goldenfishing Studio
date:2012年10/18~11/5
time:11am~10 pm

"A Goldenfishing Studio"Paintiong Demonstration
date 2012年10/18 1-2pm

venue :Harbour City, Honk kong
3-27 Canton Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong
http://www.harbourcity.com.hk/landing.htm

direction:HARBOUR CITY 海港城, Gallery by the Harbour, GALLERY IDF
======


| | コメント (0)

2012.08.13

7月は怒濤の一ヶ月でした。

7/1に
生川和美展@GALLERY IDF
浅井千里展@IDF-mini
が終了すると同時に・・・

Naru4_2

Asai1_2

Naru5

=====
クリエイターズマーケットが終了。

Cre2_2

Cra1_2

=====
7/5〜
"ART OSAKA 2012”へ出展の為大阪・・・

Osaka5

Osaka6

Osaka1_2

=====
7/7〜
同時にギャラリーでは
伊藤香奈展@GALLERY IDF
松村潔展@IDF-mini
が始まり・・・

Kana3_2

Mastumura_2

Kana6

=====
7/17〜7/24
深堀隆介 個展 「ハネもの」@西武池袋本店の為、2度の東京入り。

Fuka3

Fuka2

Fuka1

=====
7/29
伊藤香奈展@GALLERY IDF
松村潔展@IDF-mini
が終了するや、

お盆の為、東京へ帰省。

そして、
8/2~ART NAGOYA 2012"へ出展のため
ウェスティンナゴヤキャッスル入り。

N3

N2

N1


本当に怒濤の一ヶ月でした。
作家さん達も、スタッフのみんなも
暑い中、本当にお疲れさまでした。

私もスポーツを始めて体力がついたのでしょうか。
肉体的にはとても元気です(笑)


ここのところ、
活発に新しい方向性を模索しながら活動を続けてきた知人のギャラリー達が
閉廊するという話を立て続けに聞き、様々なことを考えさせられました。

日々色々なことがある中で、
自分のしていることの意味について考えます。
答えはそんなに簡単にはでませんが、
そろそろ変化の時なのでは、と感じています。


| | コメント (0)

2012.07.11

深堀隆介個展 「ハネもの」

Fukadm_2

金魚を描く深堀隆介の個展を
7/18(水)より西武池袋本店にて開催いたします。
7月22(日)午後2時~深堀隆介のトークショーも開催。
是非お立ち寄りいただければと思います。

========
深堀隆介個展 「ハネもの」
開催日程:2012年7月18日(水)-7月24日(火)
(最終日7月24日(火)は当会場のみ午後4時閉場)
開催会場:西武池袋本店6階(中央B7)=アート・ギャラリー
お問い合わせ:03 (5949) 5348 <直通電話>


『ハネもの』とは、金魚の稚魚の中から良い形のものを選定する作業で、
選ばれずハネられた金魚たちの事。
すなわち、人間の美意識にそぐわなかった金魚たちともいえる。
でも日本には、そんな金魚たちでも活躍できる場所がある。
「金魚すくいだ。」
お祭りなどの金魚すくいで、この『ハネもの』たちが人々を楽しませている。
僕が金魚を描くきっかけになった金魚も、この『ハネもの』の金魚だった。
片目が無く、色も薄く、みすぼらしい金魚だったその子が、
僕を助けてくれたし、癒してくれた。
その子に自分自身をも投影していた。
そのためか、僕の描く金魚は、『ハネもの』に見えるかもしれない。
でも、僕にとっては最高に美しい金魚たちばかりだ。
僕は、僕が美しいと思う金魚だけを描いている。いやむしろ、作出しているといった方がいい。
しかしそれこそが、金魚がこの世に存在している真の理由であり、金魚の醍醐味ではないか。
僕は、そんな『ハネもの』の中から真の美が生まれると信じている。

深堀隆介


| | コメント (0)

2012.01.28

アートコレクター2012年2月号に深堀隆介掲載されました。

アートコレクター2012年2月号
【巻頭特集】2012年のBEST85人 完売作家!! 大予想
グラビアでみる「2012年活躍が期待される作家」
古吉 弘/小木曽 誠/加来万周/川又 聡/深堀隆介/三沢厚彦

深堀隆介掲載されました。
大きく1ページ!

ありがたいことです。。

2012年3/31〜4/22まで開催予定の
「10th Anniv. IDF ARTISTS EXHIBITION "MEMORABLE WORKS"」@GALLERY IDF
でも新作を発表してくれます。

是非お楽しみに。


201202fukah


201202fuka


| | コメント (0)

2012.01.07

深堀隆介作品納品。

Img_1483

新幹線で途中の雪景色を見ながら大阪へ。
深堀隆介と現地で待ち合わせです。


Img_1485

この作品、作品から金魚が壁にはみ出していて、そこまでが作品。
そのため、この作品のためにお客様が用意してくれた壁に作品を設置し、
はみ出した金魚を描いて納品完了となります。
どんな作品に仕上がることか。。私もワクワクでした。


Img_1488

設置された作品を眺め、しばしイメージを膨らませます。


Img_1498

イメージが決まるとどんどん描き出してゆきます。


Img_1504


Img_1511


Img_1523

およそ4時間。
ついに完成です!

とても喜んでいただけて、深堀も私も嬉しくなりました。。


実はこのお客様、金魚をたくさん育てていらっしゃって、
深堀も金魚をみせていただき、大喜び。

Img_1542

これが深堀が惹き付けられた金魚ちゃん。

Img_1544

深堀のいうトロンとしたおいしそうな金魚、という表現がぴったりの
みかんのような金魚でした。

いつかこの金魚のイメージが作品になる時がくるかもしれませんね。。


Img_1547

仕事を終え、串焼き屋さんへ連れて行っていただきました。
さすが大阪。何を食べてもおいしい。。

そしてお客様と深堀と、熱く楽しい会話で盛り上がり、
素敵な仕事始めとなりました。

ありがとうございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.27

アートコレクター9月号に深堀隆介、佐藤香菜作品掲載されました。

雑誌アートコレクター9月号
「美しき魔法 立体リアリズム」の特集に
深堀隆介が冒頭1ページで紹介されました!


11collector9top


11collector9fuka


そして9月に名古屋松坂屋で開催される「VARIA ART FAIR NAGOYA」の
特集で出品予定の佐藤香菜の作品も紹介。

11collector9satokana


取扱作家たちが紹介されると、やはり嬉しいです。。

| | コメント (0)

2011.08.19

深堀隆介展@西武渋谷店 ありがとうございました。

同じく8/7(日)に西武渋谷店8Fで開催されていた
深堀隆介展「金魚養画場-夏の品評会」が終了いたしました。


Img_0850


Img_0853

展示の様子はこちらから

今展示では、深堀隆介のいろいろな時代、さまざまな技法の作品を展示、
深堀隆介初の画集も先行販売、サイン会も開催されました。

たくさんの方々にお運びいただき、大変ありがとうございました。

11fukabook

そして、深堀隆介初の画集「金魚養画場」(文芸社:定価2500円+税)が
発売され、IDFでも販売を開始いたしました。
作品、深堀の制作に対して、金魚への思い、浴衣などの写真など
盛りだくさんの内容となっております。
是非この機会にお求め下さいませ。

遠方の方はメールにてご注文お受けできますので、
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

| | コメント (0)

2011.07.18

「BUAISO」ART NAGOYA記事内、深堀隆介作品掲載。

雑誌「BUAISO」に「ART NAGOYA 2011」が紹介され、
IDFから出品予定の深堀隆介作品が掲載されました。


_mg_5301

_mg_5303


「ART NAGOYA 2011」用のDMも出来上がってきました。

Dmafnagoya2011

名古屋久しぶりのフェアとなるアート名古屋2011。
IDFからは下記5名の作家をご紹介させていただきます。

飯田キリコ深堀隆介酒井陽一正守千絵辻恵

■会期:2011年8月5日(金)- 8月7日(日)
■プレビュー:2011年8月5日(金)15:00-18:00  ※招待者、プレスのみ入場可能です
■一般公開:2011年8月6日(土)・ 7日(日)12:00-19:00
■会場:ウェスティンナゴヤキャッスル 9Fエグゼクティブフロア
■入場料:1,000円

930号室でお待ちしております。

| | コメント (0)

2011.07.13

深堀隆介展-金魚養画場@西武渋谷店 始まりました!

Dmseibu

深堀隆介展「金魚養画場-夏の品評会」
深堀隆介展「金魚養画場-夏の小物物産展」

が、下記日程で西武渋谷店にて始まりました。
お時間ございましたら是非お運びいただければと思います。

=============================
■深堀隆介展「金魚養画場 夏の品評会」
会期:7月13日(水)~ 8月7日(日)
会場:西武渋谷店 B館8 階 オルタナティブスペース

金魚養画場を立ち上げて7年。金魚を描き出して11年・・・。
これまで作家が可愛がり作りあげてきた金魚たちを、
「夏の品評会」で過去から現在まで一同にご覧いただきます。

=============================
■深堀隆介展「金魚養画場 夏の小物産展」
会期:7月12日(火)~ 8月8日(月)
会場:西武渋谷店 B館5 階 ネクストスペース

金魚養画場の定番のグッズ、本染め手ぬぐい、扇子、ポストカード、
初の試みとなる深堀隆介の水槽プロデュースも販売。
また深堀隆介初の作品集「金魚養画場」を会場にて
全国発売日よりも早く先行発売いたします。
=============================

Img_0773


| | コメント (0)